(車のイメージ写真)

皆さんこんにちは、今沢です。ご無沙汰の更新です。

今回の記事では、国際結婚生活を送る上であると便利なものをご紹介します。私は現在埼玉県在住なので、日本で暮らす想定で読み進めてもらうと想像しやすいと思います。これからドイツ人女性と国際結婚したい方も、既に国際結婚されている方も、以下のものがあれば確実にケンカをする機会が減って日々の生活が楽しくなること請け合いです!

車:プライベートな空間

以前の記事でもご紹介しましたが、ただでさえ国際結婚しているカップルが少ない中、白人女性と日本人男性という組合せは更に僅少ということもあり、外出するときには移動中・食事中・買い物中と何かにつけて他人の視線を浴び続けることになります。そのため、完全なプライベート空間である車を持っているとそういったストレスから多少解放され、険悪なムードになる機会も減ってとてもおススメです。

我が家の場合は、私の兄がトヨタのアクアを購入する際に下取りとして出される予定だったダイハツのムーヴカスタムを譲ってもらいました。その当時で既に10年以上稼働しているオンボロ車だったのですが、一気に行動範囲が他の市まで広がり、コストコやイケアに行ったり、Pupi(長男)とまだ見ぬ公園巡りに行ったりするのに大変重宝しました。ちなみにムーブについてはその後運転席のドアミラーが故障で動かなくなり、マックのドライブスルーで注文する際にいちいちドアを開けてやり取りするのが恥ずかしくなったため、やむなくタントカスタムに乗り換えることになりました。う~ん、南無三です。

電動自転車:小回り◎

車は欲しいけどそこまで手は届かないという場合、または外国運転免許を日本の運転免許に切り替えるのが億劫だという場合は、電動自転車はどうでしょうか。電動自転車は文字通り自転車に電気のバッテリーユニットが付いていて、自転車を漕ぐ際に電気の力でアシストしてくれるという文明の利器です。もちろん、バッテリーが切れてしまうと自転車を漕ぐのが非常に重くなってしんどくなるので、バッテリー残量には細心の注意が必要となるですが、車種によっては走行時のブレーキの力を利用してバッテリーを充電する「回生」機能なんて便利なものもあったりします。
Pupiが初めて保育園に通うことになったときに我が家ではパナソニック製の電動自転車を購入したのですが、その理由としては、ちょうど保育園がJR駅前の忙しない場所にあり、何とか通園許可が下りたのは良かったものの車で送り迎えをするのに駐車スペースがないからでした。通勤や通学を考えると、車よりも小回りのきく自転車の方が便利ですよね。まあ、雨が降るとあっちこっち濡れるわ泥は撥ねるわで悲惨なことになりますが…。

食器洗い機:設置さえすれば快適

お皿・カップの洗濯機。手洗いよりも少ないお水と洗剤できれいに汚れを落とす機械です。食器洗い機の特徴としては、結構大きいので台所のスペースを結構横取りします。また、メーカーが謳っているほど食器は中に入らず、実際に稼働させると1時間以上がちゃがちゃ音を立てて動いたりします。また、洗浄が終わってからすぐに機械のドアを開かないと、水滴が水垢のようになって食器に付着するので、そういったところがちょっとネックです。そんな食器洗い機ですが、個人的には日本ではそこまで使っている人がいない印象を持っています。なぜかというと…、まず設置するのが凄く大変そう賃貸アパートでも設置できるの?なんて疑問を持ちませんか?実際、我が家でも私が同じ発想を持っていて、最初は導入をためらっていました。しかしSS(妻)曰く、

SS
家事で洗い物しないと考えるのがストレスだし、悩む時間ももったいない。水道代も浮くし手もかさつかない。良いことづくめだろう

と言われ、ひとまず設置してみることにしました。確かに振り返ってみると、それからというもの食器を洗うのはどちらかというケンカの火種が確かに一つ減ったようです。もし少しでも興味をお持ちでしたら、ぜひ買ってみてください。ちなみに、少々値は張りますが「分岐栓」というものも一緒に購入すれば、賃貸住宅でも食器洗い機の恩恵に与ることができます

ウォーターサーバー:いつでも熱湯・冷水

よく病院の待合室に置いてある水補給機です。サーバーはコンセントで電源を供給し、常に熱湯や冷水を出すことができます。サーバー自体はレンタル品という形で、途中で交換しない限り初期費用はかかりません。また、サーバーに設置する水は1つあたり10リットルの容量となっており、大体2千円くらいかかります。単なる水にそこまでお金を使うのか?という意見はもっともだと思いますが、いつでもコーヒー・お茶や冷たい水が飲めるという環境は想像以上に快適です。我が家では1週間で4つほど飲み干しています。それまで惰性で購入していたジュースや炭酸飲料水は、今ではすっかり影をひそめました。いやいや、お金で水を買っているだけあって、本当に水が美味しいです。今まで水道水を使って作っていた味噌汁やご飯の味さえ変わってきますよ。また、赤ちゃんができると母乳の他にミルクをあげることになるのですが、昼夜を問わず突然泣き出す赤ちゃんに作りたてのミルクを適温ですぐにあげるのは結構なストレスです。我が家でもそろそろ二人目が誕生する予定なので、その時にはこのウォーターサーバーに是非とも活躍してもらいたいものです。

ルンバ:人よりも掃除が上手い

全自動お掃除ロボットです。こちらは有名人が使っている場面がテレビで紹介されていたりするので、食器洗い機よりも身近に感じられますね。実際に使ってみて驚いたのは、自分で掃除機をかけるよりも(かけた後でも)ゴミがよく取れるということです。最初はルンバの名を借りたパチモノで手を打ったのですが、すぐに故障して使い物にならなくなりました。典型的な安物買いの銭失いですね。今現在はちゃんとしたルンバの正規品を購入してせっせかと働いてもらっています。

結婚=いかに日頃のストレスをなくすか

以上、私が日本で国際結婚生活を送る上で役に立ったものをご紹介しました。やっぱり結婚生活を送る上では、ストレスの少ないことが一番です。国際結婚生活では特別何もしなくても生まれ育った文化や言葉の違いでストレスを感じやすいため、出来ることなら日常生活のストレスをなるべく排除していきたいですね。

ここまでお読みいただきましてありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

こちらもおススメ!記事一覧